もっつの効率的で妥当なブログ

お金もキャリアも人生観も…全部大事にしたい欲張りな30代男子。生活のあらゆるものを見つめ直し、QoL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上を促す、お役立ちライフハック・ブログを目指しています。

2020年の資産運用を振り返る

こんにちは、もっつです。

今日は、2020年の投資・資産運用について、振り返ってみたいと思います。

ポートフォリオアセットアロケーション

2020年12月28日現在、私のアセットアロケーションはこんな感じでした。

f:id:motzmotzz:20201228132358p:plain

リスク資産の内訳

iDeCo口座で…

つみたてNISA口座で…

特定口座で…

といった感じで、株式の投資信託を積み立てながら保有・運用をしています。

つみたてNISAでは、私が先進国株式をポートフォリオのメインに据えているのもあって、eMAXIS Slim先進国株式に33,333円/月を積立投資しています。iDeCoは、そろそろ楽天証券のラインナップどうにかならんのか…と思いながらも、惰性で楽天VTIを買い続けています。

特定口座での運用は、特に深く考えずeMAXIS Slimのシリーズを買い込んでます。ま、インデックスファンドの運用成績やコストの差なんて微々たるもんなので、そこで悩んでても時間効率がよろしくありませんし。eMAXIS Slimオールカントリーを採用していないのは、単なる個人的な好みです。

数年前はバラバラと複数のファンドやETFを持ってましたが、損出しのタイミングで処分して、スッキリとした構成にして、ここ2,3年はこんな感じです。なのでこれら以上の投資モノは保有していません。

配当金をもらう生活にも心が揺れた(というか実際に保有してた)時期もありましたが、とにかく管理が面倒なのと、多分自分はそこまで株式投資が好きじゃないなってのも感じたので、投信オンリーになっています。

だいたいリスク資産100のうち「先進国株式65:新興国株式20:日本株式15」くらいの比率を目指しています。現状、だいたいそんな感じでおさまっているので、特にリバランスはしません。

低リスク資産の内訳

という構成です。実際のところ、日常的に触ったりコントロールしてるのは、この「低リスク資産」の方だと思います。

現金預金は、楽天銀行のマネーブリッジで利率0.1%(税抜)で預金して運用しています。運用…というと大袈裟でして、単に漫然と預けてるだけです。

積立年金保は、私の職場が提供しているもので、イメージでは明治安田生命の「じぶん積み立て」が近いです。運用利率は1~1.5%ほど、更に生命保険料控除と個人年金保険料控除の2つの節税枠(しかも旧制度の適用)をもらいながら、計2万円/月を積み立てて運用しています。

米ドルについては、FX口座内にレバ2倍でお金を置いて、スワポ目的でのんびり運用しています。米ドルを持ち始めたきっかけは、自分自身が日常的に為替情報にアンテナが張るようにするためです。その時々の気分で、日本円をドル転していて、特に戦略めいたものはありません。

国内債券ファンドは、ハッキリいって運用面は度外視で、管理面だけで保有しています。私の場合、どうも現金貯金って捗らないんですよね。低リスク資産の比率を上げてアセアロを“安全側”にコントロールしたい時は、この国内債券ファンドのボリュームでコントロールしています。もう少しまとまった資金になったら「個人向け国債」も検討すると思います。

リスク資産・低リスク資産の割合

数年後にはだいたい「リスク資産70%:低リスク資産30%」くらいにしようと考えています。

2〜3月にかけての“コロナショック”の最中は、株式が軒並み下がりましたが、最大でも約18%下落で済んだのも、低リスク資産のおかげであるところもありましたし。

今後ゆっくり時間かけて有リスク資産の比率を落として、安全寄りのアセアロに推移させていく予定です。

年間の入金力・リターン

年の途中で毎月の投資額を少し上げましたが、現在は毎月で約15万円の積立をしていました。

f:id:motzmotzz:20201228132017p:plain

その他には、節税分(住宅ローン減税・保険料控除など)や、ポイ活などで得た単発的なお金を、単独で買付にまわしたりしています。

f:id:motzmotzz:20201228132029j:plain

今年1年間で行った入金とリターンは、こんな感じでした。個人的には「年間200万円の入金」を目標に掲げているので、無事に目標達成といった感じです。やはりコロナ禍でお金を使わなくなったのはデカいですね。

また、このうち約24万円分は「ポイ活」が原資です。ポイ活の存在もこれまた偉大ですね。

f:id:motzmotzz:20201228133001p:plain

2020年は、ポイ活で得た分はほぼ全て国内債券ファンドにぶっ込みました。ポイ活も今や案外バカにならない規模になっていて、たぶん累計で約100万円くらいは、ポイ活による資産です。

……

保有する資産の年間リターンについては、全部をひっくるめて全体的に+9.7%といったところですね。

iDeCoだけやたらリターンが良いのは、コロナショックの直前の2月中旬に定期預金にスイッチングして、コロナショック中の3月中旬に楽天VTIに戻したからです。めちゃくちゃラッキーなタイミングでしたね(笑)

しかし、まさかプラス収益で1年を終えるとは…2〜3月の“コロナショック”が嘘のようですね。

総括・その他の雑感

かれこれ本格的に投資を始めて5年が経つかと思います。さすがに年数だけ経ってくると、運用成績は置いといて、“自分自身の投資属性”ってものが、以前よりもより鮮明に分かってきたように思えます。

前述のとおり、今年2020年2〜3月にかけて、コロナショックによる大幅下落が起こりました。やはり今年はこれが一番のトピックでしょう。流石に、あんなに“サーキットブレイク”という単語を耳にしたのも生まれて初めてです。

頭では分かっていても、ああやって暴落らしいイベントが実際に起こると、自分の属性がよく分かりますね。

自分って意外とジッとしてられない人間なんだなぁ…とか、意外とSNSのこういう類の情報に煽られる人間なんだなあ…とか、でも暴落を分析するほど投資は好きじゃないんだよなぁ…とか。人は危機が迫ってる時こそ本性が出るもんですね。

5年経っても相変わらず相場のことは全然詳しくないですが、「投資をしている“私”という人間」については、以前よりかなり詳しくなった気がします。

同時に、長期投資の難しさも少しずつ分かってきたような気がします。私でさえ全然ズブの投資初心者なのに、SNS上では私よりも歴が浅くて威勢の良かった人が、湧いては消え、湧いては消え…というのを数多く見かけました。やはり、続けるというのはただそれだけで価値があることなんだなぁ…などと感じたりしています。

……

引続き、私は世界経済も企業経営も何も分析しません。というか、できません。頑張ればできるようになるかも知れませんけど、面倒なのでしません。敢えて「おバカ」に留まります。もっと投資について勉強されたい方は、私なんかではなくて他のお詳しい方のブログ等を参考にされることをお勧めします。

今後も「毎月積立+インデックス投資」の方針で。やるとすれば、ポイ活を絡めた単発的な手動投資と、今回みたいな定期的な全体チェックをたまに。そんなゆる〜い感じで、2020年も投資を続けていく所存です。

 

では、最後に…

え?まだ年初来マイナスの人っているの???(煽)

 

本日も、お読みいただきありがとうございました。