もっつの効率的で妥当なブログ

お金もキャリアも人生観も…全部大事にしたい欲張りな30代男子。生活のあらゆるものを見つめ直し、QoL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上を促す、お役立ちライフハック・ブログを目指しています。

投資・資産運用の状況(2020年6月時点)

こんにちは、もっつです。

今日は、2020年6月末時点の、自身の投資・資産運用状況についての状況報告を書いてみたいと思います。

基本方針

大きく分けて「有リスク資産」と「無リスク資産」に分けて運用しています。

有リスク資産の中身は主に株式投信で、「iDeCo」「②つみたてNISA」「③特定口座」の3つで管理をしています。世界分散投資をしていますが、iDeCoやつみたてNISAといった利益非課税の口座には「先進国株式」クラスを割り当て、「新興国株式」「国内株式」クラスは特定口座に割り当てています。

なお、iDeCoやつみたてNISAは楽天証券を利用しており、特定口座は、楽天証券SBI証券を利用しています。

一方、無リスク資産としては「現金(円)」「積立年金保」「国内債券ファンド」「米ドル」を持っています。全体的なリスク管理は、この無リスク資産のボリュームでコントロールしているような感じです。

なお、いわゆる「生活防衛金」となる現金は、夫婦共有の口座にて別次元で月々貯めていて管理しているので、本件では“別途扱い・ノーカウント”としています。

ポートフォリオ

iDeCo

②つみたてNISA

③特定口座

月々の積立状況

f:id:motzmotzz:20200705133150p:plain

インデックス投資や積立保険などをひっくるめて、だいたい月14万円程度を積み立てています。年度初めに昇給したので、ちょっとずつ積立ペースを上げています。

実際にはこれ以外にも、住宅ローン減税やポイ活を原資とした投資分もあるので、全てひっくるめると年220万円くらいの入金ペースになるかと思います。

アセットアロケーション

現状のアロケーションは、だいたいこんな感じでした。

f:id:motzmotzz:20200705133125p:plain

自己検証

私がいま理想としているのは、有リスク資産:無リスク資産=75%:25%くらいを目指していて、2020年に入ってから若干無リスク資産のボリュームを上げています。ジワジワ増やしていって、なんとなく目標値に近づきつつあります。

有リスク資産については、本当は先進国65:新興国:20:国内15くらいを目指してますが、コロナショックで色々あって、若干先進国株が多めです。

まあこれもほぼ現状は許容の範疇ですね。特に手も加えず静観です。

おわりに

ご存知の通り、2,3月には「コロナショック」も発生しまして…以前試算をしてみたら、私のポートフォリオはコロナショックで18%の下落を受けました(※2020年2月15~同3月15日比較)

しかし『NYダウやS&P500は約30%の下落だ』と騒がれていた中で、こうむったリスクを少し抑えられたのは「無リスク資産」あってこそ。やはり、無リスク資産のボリュームでリスクコントロールをするという方法は、簡単なうえ効果が明確で分かりやすく、世界経済を分析する気も勉強する気もさらさら無い私にとっては、とても肌に合っていますね。

このブログでは、特に誰からも求められてもいないので「資産額」をあげていません。妙に書くと、煽る・煽られるの原因にもなりますしね。ですが、この投資方針で投資を始めてかれこれ約5年経過し、年200万の入金目標を淡々と続けてきたかいもあって、そろそろ「総資産額1000万円」が見えてきました。この資産には、家族名義の現金貯金や妻の資産額は入れておらず、私の“ポケットマネー”です。

ま、年200万の入金を5年やってりゃ、当たり前っちゃ当たり前なんですけどね。本当はもっと早く達成する予定でしたが、 2年前に奨学金をガツンと200万円ほど一括返済したので気持ち1年遅れてますが、目測ではあと1年もしないで届きそうです。

世の中には20代30代で数千万とか1億に届く凄い方もいますが、そういう人はだいたい“何か”を犠牲にした結果です。私は投資より大事なものがたくさんあるので、私は私のペースでのんびり続けていこうと思います。

資産額が1000万円に達成したらブログにでもしたてめてみようと思いますが、このままだと、あまり大した感動もなさそうですね…w

 

本日も、お読みいただきありがとうございました!