もっつの効率的で妥当なブログ

お金もキャリアも人生観も…全部大事にしたい欲張りな30代男子。生活のあらゆるものを見つめ直し、QoL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上を促す、お役立ちライフハック・ブログを目指しています。

Waterfrontの「スマートフラット」はかなり高コスパな折りたたみ傘…かも

こんにちは、もっつです。

今日は、私がWaterfrontの晴雨兼用の折りたたみ傘「スマートフラット」を購入した話を取り上げたいと思います。

探していた折りたたみ傘の「条件」

実は前々から、軽くて機能性の良いプライベート用の折りたたみ傘を探し求めていました。

先日、2019年8月6日の「マツコの知らない世界」(以下「TV番組」という。)で折りたたみ傘が特集されると、私の折りたたみ傘に対する物欲が更に加速しました(笑)

私が追い求める折りたたみ傘の条件は、こんな感じでした。

①晴雨兼用(UVカット機能付)

実は私、昔高校野球の練習中に熱中症で倒れた経験があります。元高校球児のクセして直射日光が苦手な体質なのです。

皆さんご存知の通り近年の酷暑はヤバイので、私は常々嫁さんから『男性用日傘を買った方が良いのではないか』と進言されていました。

…しかしそもそも男で日傘さす事に抵抗もありますし、流石に日傘オンリーの傘っつのは出番が少な過ぎます。そこで晴雨兼用(UVカット機能付)を探すこととなりました。普通の折りたたみ傘として便利なら、それだけでも存在価値がありますからね。

②とにかく軽いこと

折りたたみ傘なんて携行品ですから、常にカバンに入れっぱなしでも苦にならない軽さであって欲しいところですね。

具体的に何gかというと…実は今通勤カバンには360gくらいの立派な折りたたみ傘があるのですが、これ結構重いです。そこで、どうせなら超軽い100g級(スマホ程度)が理想…と設定しました。

③使用感(面積・開閉・強度)

まず、面積は小さくても(50cm程度でも)別に構わない事にしました。私はプライベートはボディバッグ程度しか持ち歩かないので、身一つ雨から守れればそれでヨシとしました。通勤用にはもうちょい大きい折りたたみ傘持ってますし。

また、使うたびにストレスを感じるような傘では困りますから開閉がラクなこと、台風に耐えるレベルの強度は求めないけどせめて日常的な風には耐えうる頑丈さを求めました。こればっかりは使ってみないと分からないことですけどね。

④値段

超ザックリと、5,000円未満。あとは質と満足度次第。そんな感じで定めました。

最初はWaterfrontの“5本骨タイプ”の傘でお試し

item.rakuten.co.jp

最初は、ブランド「Waterfront」の“5本骨タイプ”の傘を購入しました。(型番:SFA-3F50-UH-5T、以下「5本骨タイプ」という。)

購入したこの傘は、UVカット機能も付いていて、超軽量コンパクト(98g・収納時21cm)、値段も1500円とお手頃なので「失敗してもいいや」精神で購入しました。

……

しかし、この傘を1週間くらい試しましたが、私にはダメでした。携帯性は素晴らしいのですが…開閉が鬼めんどくさいことと、微風でもカンタンにひっくり返ること。やはり使用感というのは使って初めて分かりますね。

5本の骨を開閉時に毎回ポキポキ折らねばならず、微風でひっくり返るたびにまたポキポキ戻す…というストレスが想像以上に辛く、私としては不採用となりました。

実はこの傘、前述のTV番組でも取り上げられた「Pentagon72」という傘とかなり形状が似ています。こちらはUVカット機能が無い代わりに、更に軽くて強度もあって、そして若干値段が高い…というものです。実際に触ってみましたが、形状がほぼ同一なので、開閉に手間どるのはほぼ変わりません。良い傘なんでしょうけど私の好みには合わなそうでしたね。

Waterfrontの実店舗で「スマートフラット」を購入

軽さや色や長さはカタログスペックで判断できますが、やはり使用感というのは実機を触らないと判断できません。そこで、傘ブランド「Waterfront」の実店舗である、自由が丘のWaterfront JIYUGAOKA/TOKYOにいってみました。

Google マップ

f:id:motzmotzz:20190819192256p:image

※TV番組の影響もあってか店内は大盛況でした

そこで、私的にイマイチだった前述の5本骨タイプを手にしながら、骨の強さ・持った軽さ・開閉のラクさ…等を比較しながら傘探しをしました。

……

そして、私の理想に合いそうなものが見つかりました。

f:id:motzmotzz:20190819193233j:image

購入したのはスマートフラット」(型番:SMFA3F50UH)という品でした。これも前述のTV番組で紹介された品です。

f:id:motzmotzz:20190820221642j:imagef:id:motzmotzz:20190820221835j:image

まず大きさ軽さも理想に近く(105g、収納時22cm)、「5本骨タイプ」より若干大きいですがもはや誤差。ボディバッグにも余裕で入る大きさでした。

f:id:motzmotzz:20190820221658j:image

※番組では『胸ポケットに入る大きさです』と紹介されてましたが、流石にそれは言い過ぎかな?と思います…笑

f:id:motzmotzz:20190820221651j:image

そして…最大の関心事だった、開閉時の手間。ワンタッチとはいきませんが、伸ばして・開くの2タッチ。「5本骨タイプ」の様に各骨を毎回ポキポキ折る必要が無いので、そこは精神的にかなりラクに感じました。

強さについても、ちょっと指で骨を逆向きに押してみてカンタンに折れないか試してみました。驚くほど強いワケでは無いですが「5本骨タイプ」よりはかなりマシな印象でした。

f:id:motzmotzz:20190819201457p:image

お値段も2,160円(税込)とそれなりにお手頃なのも良い点。Waterfront JIYUGAOKA/TOKYOでは楽天Payに対応していたのも何気にありがたかったですね。ポイントでタダ買いしました。

買って数日経過してますが、カバンに入れっぱでも気づかないくらいの軽さ。とっさの雨にも日傘用途にも対応可。開閉手間はまずまず。今のところWaterfront「スマートフラット」の使用感は良い感じです。

おわりに

私はこれまで「傘なんてコンビニのビニ傘でしのげれば良い」と考えるタイプだったので、こんな真剣に傘の事を考えたことありませんでした。

しかし…本当に傘を探すなら、可能ならば事前に実物を触るべきですね。手に取ると想像以上に大きかったり重かったりするし、開閉の手軽さorめんどくささは操作しないと分からないですからね。

あと知ったのが、折りたたみ傘は100g級になるとその軽さに感動するという事ですね。ま、単に私が今まで使ってたのが重かったというだけの話なんですけど(笑)

 

あー…日本でももっと男も日傘をさす文化が広まってくれませんかねえ。

 

本日も、お読みいただきありがとうございました!