もっつの効率的で妥当なブログ

お金もキャリアも人生観も…全部大事にしたい欲張りな30代男子。生活のあらゆるものを見つめ直し、QoL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上を促す、お役立ちライフハック・ブログを目指しています。

投資・資産運用の状況(2019年6月時点)

こんにちは、もっつです。

今日は、2019年6月時点の、自身の投資・資産運用状況についての状況報告を書いてみたいと思います。

基本方針

大きく分けて「有リスク資産」と「無リスク資産」に分けて運用しています。

有リスク資産の中身は主に株式投信で、「iDeCo」「②つみたてNISA」「③特定口座」の3つで管理をしています。世界分散投資をしていますが、iDeCoやつみたてNISAといった利益非課税の口座には「先進国株式」クラスを割り当て、「新興国株式」「国内株式」クラスは特定口座に割り当てています。

なお、iDeCoやつみたてNISAは楽天証券を利用しており、特定口座は、楽天証券SBI証券を利用しています。

一方、無リスク資産としては「④ネット銀行定期預金」と「⑤積立年金保」を運用しています。一応これらは国債よりは利率が良いので、今のところ国債は買っていません。

なお、いわゆる「生活防衛金」となる現金は、夫婦共有の口座にて別次元で月々貯めていて管理しているので、本件では“別途扱い・ノーカウント”としています。

ポートフォリオ

iDeCo

②つみたてNISA

③特定口座

④ネット銀行定期預金

楽天銀行による、他行からの振込金額による1ヶ月定期金利キャンペーン(税引前金利0.15%)を適用しています。

なお、最近になって利率が0.21%→0.15%に改悪されました!!!…まあ、他に選択肢が見つからないので、惰性で利用しています。

f:id:motzmotzz:20190713111913p:plain

⑤積立年金保

これは私の職場社員向けのもので、一般生命保険料控除がきく「A型」と、個人年金保険料控除がきく「B型」があります。

これが大変優れものでして、直近3年間の平均年利が1.3%ほど、しかも「旧制度」の適用なので、MAXで所得税5,000円+住民税3,500円の控除枠が2つ分使えるのです。…といっても、利用しているのは、控除効果が最大になる年10万円程度の範囲で、月々給与天引きで積立運用をしています。

月々の積立状況

f:id:motzmotzz:20190713112203p:plain

インデックス投資や定期預金などをひっくるめて、だいたい月12万円程度を積み立てています。

実際にはこれ以外にも、住宅ローン減税やポイ活を原資とした投資分もあるので、全てひっくるめると年200万円くらいの入金ペースになるかと思います。

アセットアロケーション

現状のアロケーションは、だいたいこんな感じでした。

f:id:motzmotzz:20190713112442p:plain

自己検証

私がいま理想としているのは、有リスク資産:無リスク資産=80%:20%くらいを目指していて、無リスク資産の多寡で全体のリスクをコントロールしていくスタイルです。ゆくゆくは無リスク資産の比率を30%・40%と上げていきたいですね。まあだいたい目標程度に収まってますが、株式が膨らんできてて、相対的に少なくなりつつあります。年末あたりで少し調整が必要になるかもしれませんね。

有リスク資産については、本当は先進国52%:新興国:16%:国内12%くらいを目指してます。気持ち先進国が大きくなって国内株式が下がってますが…あまり気にしません。年末くらいであまりにも偏るようだったら、何か手立てを考えましょうかね。

まとめ

相場が割と危機感が薄まってる感じがして、非常に退屈ですね(笑)。ま、退屈なのがインデックス投資の良いところなんですけど。次は、9月頃か…はたまた年末まで放置ですかね。

今年になってから、保有と積立の銘柄をかなりシンプル化させたので、管理がラクになりました。暫くこのスタイルは継続するつもりです。

 

本日も、お読みいただきありがとうございました!