もっつの効率的で妥当なブログ

お金もキャリアも人生観も…全部大事にしたい欲張りな30代男子。生活のあらゆるものを見つめ直し、QoL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上を促す、お役立ちライフハック・ブログを目指しています。

ロフテーの高級枕を買ってみた ~「LOFTY エラスティックパイプ」レビュー~

こんにちは、もっつです。

ライフハックブログらしく、日々の生活が捗りそうなアイテムの紹介記事を書いてみようと思います。

f:id:motzmotzz:20190620203158j:image

今日は、ロフテーの高級枕を購入した話です。

高級枕を買うことになった流れ

よく言われる話ですが、枕は人生の3分の1を共にする道具です。たぶんスマホやパソコンよりも触れる機会が長い道具です。前々から『枕にはもっとお金をかけるべきではないか…?』などと思ってはいたんですよね。

また、私は元来ロングスリーパー気味の人間でして、平均して7~8時間くらいは寝てます。…しかしここ1、2年、どうも取った睡眠時間に対して疲れがとれてない感じが気になってたんです。

そんな中、嫁さんの誕生日プレゼントを買う時期が近づいてまして、プレゼント何が欲しいか聞きつつ、前述の枕のくだりを伝えたところ…

『アタシ今特に欲しいもの無いから…こんどの誕生日プレゼントは枕がイイわ!』

と言われまして…(笑)。そんな流れもあり、夫婦2人分そろって高級枕を購入することになりました。

購入前に実店舗で体験

とはいえ、高級な枕を買って体に合わないハズレを引いてしまったら、目も当てられません(笑)。そこで実店舗をいくつか巡り"試し寝"ことにしました。

www.takashimaya.co.jp

横浜をブラブラしてた際に、高島屋に寝具店がまとまったコーナーがありまして、「エアウィーヴ」「テンピュール」「ロフテー」をハシゴし、試し寝をしてみました。

f:id:motzmotzz:20190620203753j:image

※これは嫁さんが「試し寝」をしているところ。「こやつ本当に寝てしまうのでは…」と思うほど

実際に「試し寝」をすると、けっこう自分の体の特徴や好みが改めて分かります。例えば私の場合、これまでテキトーな羽毛枕を使ってたので、やっぱり買うなら羽毛かな~…などと思ってたのですが、体験すると案外そうでもないとうことに気づかされました。

私が想像していた以上に、枕の世界は広かったですね。みなさんも一度、枕屋さんを訪れるのをオススメします。

決め手は「肩首の心地」と「メンテナンス性」

item.rakuten.co.jp

実は私、実店舗を巡るまで「ロフテー」というブランドを知りませんでした。しかし、試してみたところ、このロフテーの「エラスティックパイプ」という商品に“即決”となりました。

採用した理由は2つです。

肩首まわりの心地

いろんな店の店員から『枕というのは、首のSカーブや肩のラインに枕が常にフィットしていると、頭の荷重を肩首に分散できるので疲れが残らない』と言われました。実際に試してみて、確かにその通りだなぁ…とは感じました。

そして、私も嫁さんも横向きで寝るタイプなので、横方向にゴロンゴロンしても、頭が落ちることなく肩首のフィットし続けられる代物を重点的に探していました、そういうフィルタリングをかけながら探した結果、この商品がかなり良い感覚を受けました。

メンテナンス性

2つ目にして一番の決め手は、この枕のメンテナンス性でした。

この枕は5つにパーツが分かれていて、専用のパイプを充填したり引き抜いたりして調整する代物です。

高級な枕とはいえ、通常は数年で買い替えすることが推奨されるらしいです。流石に数万はたいて2,3年使ったらまた交換…というのはコスト的に大痛手です。それでいて、買ったはいいものの絶望的に体に合わなかったら、もっと悲惨です(笑)

そこで、一旦買ったら、あとは中身のパイル詰め替えで微調整でき、仮にヘタったら中身の補充でOK!というメンテナンス性の高さから、この商品に即決しました。

ところでお値段は…?

お値段は1つ27,000円也。

高ぇ…(笑)。

これは実店舗でも楽天でも値段自体は変わりがありませんでした。実際は、2019年6月の「楽天スーパーセール」でネット購入しました。

なんと…10%OFFクーポンが配布されたので、1つ24,300円で購入できました!さらにさらに、店舗10倍キャンペーンもあり、SPUや買い回りボーナス…諸々で、約6,500円分のポイント(※超試算)が還元されました!

これを嫁さん分も購入しましたから、誕生日プレゼントとしてはかなりポイント還元ウハウハな購入となりました。

実際の使い心地

この枕は、形状は少し横長。頭を置く中心部が一番低く、首回りはちょっとだけ高く、側面が最も高くなるよう設計されています。

実を言うと、まだ体が枕に馴染みきっていないので、劇的な変化を体感したワケではありません…使い心地はまだまだ発展途上です。なにせ、枕が到着した初日に至っては、身体が枕になれてなさ過ぎて全然寝付けないくらいでした(笑)

しかし、これは実店舗の店員も言ってましたが『店舗のベッドでの試し寝と家のベッドでは確実に感覚が違う』と言われました。やはりその通りでしたね。

……

しかしそこはこの枕の高いメンテナンス性。5つに分かれたパーツからちょっとずつ中身のパイプを抜きながら日々調整し、だんだん心地よいポイントを探していきました。購入してからも微調整がきくという、この枕の最大のメリットを存分に活用していました。

f:id:motzmotzz:20190620204413j:image

※枕が5パーツに分かれている。それぞれファスナーが付いていてパーツ毎に調整可能。

 

f:id:motzmotzz:20190620204445j:image

中身のパイル素材も、触ってみると非常に柔らかくてカサカサとした音もせずウルサくありません。硬さも高反発過ぎず埋れ過ぎず、けっこうイイ感じです。

また、枕自体が横に広くてズッシリ重厚感があり、かなり“安心感”があります。寝返り打っったときに枕が動いたり、頭が枕から落ちる…等の地味なストレスもありません。

肩首のフィット性を考慮した形状。購入してからのメンテナンス性。幅広かつ重厚な安心感。それがこのロフテー「エラスティックパイプ」の特徴かもしれません。

この枕…自分で言うのもなんですが、結構“当たり”だったかもしれません。

おわりに

この枕には「1~4号」とサイズがあります。具体的には詰められているパイプの量の差です。私も嫁さんも体格的には標準体形なので、サイト上で推奨されていたサイズ(私は「4号」、嫁さんは「3号」)を購入しました。

しかし実際は、どちらも購入してから中身を“抜いて”微調整をしました。もしかしたらこの商品は、迷ったら「大は小を兼ねる」の精神で大きめのサイズを買っといて、後から中身(パイプ)を抜いて調整する方が捗るかな?と思いました。

直観ですが、この枕、長く使っていけそうな気がしてます。しばらくこの枕で快適な睡眠ライフを満喫したいと思います。

 

本日も、お読みいただき有難うございました!