もっつの効率的で妥当なブログ

お金もキャリアも人生観も…全部大事にしたい欲張りな30代男子。生活のあらゆるものを見つめ直し、QoL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上を促す、お役立ちライフハック・ブログを目指しています。

2018年を振り返る 〜投資編〜

こんにちは、もっつです。

今日は「2018年を振り返る」シリーズの最終章です。もっつの2018年「投資編」ということで、1年を総括してみたいと思います。

なお、時点はすべて「2018年12月30日現在」としています。

f:id:motzmotzz:20181218165258p:image

ポートフォリオ

2018年のはじめに「世界経済インデックスファンド」を解約し、保有する投資信託をいったん整理しました。

また、以前から加入してた「個人年金保険」を「無リスク資産」クラスとして加えて、整理し直しています。

2018年12月現在、保有しているポートフォリオはこんな感じです。

有リスク資産

◯先進国株式クラス

eMAXIS slim 先進国株式インデックスファンド

  • 「つみたてNISA」と「特定口座」にて投資

楽天・全米株式インデックス・ファンド

  • iDeCo」にて投資

新興国株式クラス

eMAXIS slim新興国株式インデックスファンド

  • 「特定口座」にて投資

◯国内株式クラス

④ひふみプラス

  • 「特定口座」にて投資
無リスク資産

◯現金クラス

楽天銀行 定期預金

  • 1ヶ月定期、利率0.21%(他行からの入金)の適用

◯その他(年金保険)

個人年金保険(その1、その2)

  • いずれも私の職場の福利厚生モノ。要は節税枠を使いたい目的で加入。
  • その1は「一般生命保険料控除」の適用、その2は「個人年金保険料控除」の適用(いずれも旧制度の対象)

 

現状のアセットアロケーション

大きな目標としては、以下を目標値として定めています。

  • 有リスク資産:無リスク資産=80%:20%
  • 有リスク資産の内訳=先進国株式65%:新興国株式20%:国内株式15%

そして、実際のアセアロはこんな感じになってます。

f:id:motzmotzz:20181230194615p:plain

概ね目標通りといったところです。あまりにも目標から離れたらリバランスしようかとも思いましたが、今回は行わずに静観します。

2018年の総括

相場環境

こちらは、私のが主に投資を続けている3つの投資信託の年間チャートです。

※いずれも2018年1月頭~12月末の期間を表示しています

eMAXIS slim 先進国株式インデックスファンド

f:id:motzmotzz:20181230203534p:plain

eMAXIS slim 新興国株式インデックスファンド

f:id:motzmotzz:20181230203548p:plain

③ひふみプラス

f:id:motzmotzz:20181230203607p:plain

 

前年2017年からうって変わって、2018年はボラティリティ(上げ下げ)が激しいうえ、年始比から下落するという厳しい1年となりました。「新興国株式クラス」なんかは“右肩下がり”の本当にダメダメ状態でした (泣)

2018年は大きな下落が年に3度(2月と10月と12月)もあり、何とも忙しくて苦しい相場環境でした。今年はニュースで「投資家に不安感が高まり…」というフレーズをいっぱい聞きましたね(笑)

年間リターン

私自身が行ってきた、2018年1月〜12月の期間での年間リターンを計算してみました。

買付方法は、月1回(つみたてNISAは毎日)の「ドルコスト平均法」が基本となっています。

f:id:motzmotzz:20181230201958p:plain

私が保有・積立をしている「有リスク資産」は、投資額に対して総じて“減”という結果でした。投資対象を分散してもダメ、時間分散してもダメ…となると「もはやどうしようもない年だった」と割り切れてしまうくらいですね(笑)

ただ、想定していた以上にマイナスが響かなかったのは、「ドルコスト平均法」の効果と「無リスク資産」のおかげかもしれませんね。

投資額・入金力

私の場合、またまだ投資元本が少ないことから、とにかく「投資元本を積み上げる」ことを強いテーマに掲げた1年でもありました。

今年の目標はポートフォリオ全体で年間200万円の入金」でした。結果としては、先程の表の通りやや目標に届かなかったものの、近しい水準まではいくことができました。

また、毎月の積立額の見直しを行い、2019年は増額する方針にしました。

f:id:motzmotzz:20181231094106p:plain

増額に踏み切った大きな要因は、奨学金を完済したことにより返済額が無くなったこと。これらの自動積立を軸に、2019年こそは「年間200万の入金」を達成していきたいな〜、と考えています。

2018年を通じて得たもの

投資の成果としては芳しくなかったですが、個人的には、着実に投資元本を積み上げ続けることができたことに、大きな達成感があった1年でした。

なぜ投資成果がマイナスでも楽観視できるかというと、実は、楽天ポイントで23万円分の“+α資金”をGETした…という要素もあるんですよね。マイナス分は楽天ポイントがバッチリ補填してくれているので、そこまでは心理的ダメージも無いんですよね(笑)

 

2018年の投資を通じて、私の「最大の成果」は、もしかしたら厳しい相場環境でも、愚直に積立投資を続けられたこと・市場から退場しなかったことかもしれません。

motzmotzz.hatenablog.jp

以前にもこんな記事を書かせてもらいましたが、誰かの無責任な情報にカンタンに踊らされないことが大事ですね。

2017年の良相場でも2018年の悪相場でも、不要な情報はうまく“受け身”を取りつつ、淡々と投資を続けてこれたのは、長期投資を目指すうえでは少なからず自信になった気がします。

 

…実は今年は、1月に「つみップ」、4月に「つみフェス」といった“課外活動”も精を出した1年でもありました。

つみップの懇親会では、著名な投資ブロガーさんや山崎元さんとも直接お話させていただく機会もありました。実際に話して感じたことは「自身の投資スタイルを確立した人は、強い」ということ。どこぞのメディアの情報にはカンタンに流されない芯の強さというか、ある種の余裕みたいなものを言葉の端々で感じられました。自分も早く、その境地に立ちたいですね。

2019年も…

「続ける・続ける・続ける」(2018年4月21日「つみフェス」の一幕での言葉)

を肝に命じて頑張ろうと思います。

 

本日も、お読みいただきありがとうございました!