もっつの効率的で妥当なブログ

お金もキャリアも人生観も…全部大事にしたい欲張りな30代男子。生活のあらゆるものを見つめ直し、QoL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上を促す、お役立ちライフハック・ブログを目指しています。

もっつ的・奨学金の繰上げ完済計画 ~「スカラネット・パーソナル」で繰上返済の手続方法~

こんにちは、もっつです。

前回は、私もっつが過去に日本学生支援機構から借りた「第二種奨学金」の繰り上げ返済を決意した流れを書きました。

motzmotzz.hatenablog.jp

今回は、日本学生支援機構の専用サイト「スカラネット・パーソナル」を使って、実際に繰り上げ返済手続きを行った様子をご紹介します。

これから奨学金の繰上げ返済を行おうとご検討中の方がいらっしゃれば、その参考になれば幸いです!

 

前提として…

まず、この繰上げ返済の手続きを行うには、日本学生支援機構が用意している奨学金返済者の専用サイト「スカラネット・パーソナル」を活用します。

先にハッキリ申し上げますと…

このサイト、めっちゃ使いづらいです!怒

なので、今日の記事は、私もっつが使いづらくてイライラした「もっつイライラ度」も同時にお楽しみいただけたらと思います(笑)

f:id:motzmotzz:20180808172133p:plain

さあ申請手続き画面に行こう!

スカラネット・パーソナルにログイン

まず、ネットで「スカラネット・パーソナル」と検索しても、直リンクは出てきません。

f:id:motzmotzz:20180808153039j:plain

このように、日本学生支援機構HPの下に小っちゃ~くリンクがあります。せっかく繰り上げ返済しようとしてる人に対して、手抜きともとれる案内の弱さ。ホスピタリティを感じませんね。地味にけっこう探してしまいました。

◎もっつイライラ度:0→10%

 

f:id:motzmotzz:20180808153501j:plain

f:id:motzmotzz:20180808153651j:plain

ログイン時には、ID、パスワード、奨学生番号を求められます。奨学生番号はとても重要な情報になりますので、必ず事前に用意しておきましょう

②返済中の奨学金の情報を把握

ログインすると、このような画面にうつります。

f:id:motzmotzz:20180808154449j:plain

私は3種類の奨学金を返済中なので、3段分が表示されています。今日のブログでは、このうち一番下の「大学等の第二種奨学金(有利子)」の繰り上げ返済を行います。この赤枠部をクリックしましょう。

f:id:motzmotzz:20180808154653j:plain

すると、現在返済中の情報が閲覧できます。私の毎月の返済額や残り回数、設定している銀行口座などが分かります。

この「概要画面」実は何かと重要なアイテムです。スクショかPDFにするなどして、別途手元に残しておきましょう

そうなんです、「この画面は何かと重要」などと誰も教えてくれません。横に「PDF印刷」ボタンぐらいあってもいいと思うんですけどね…

◎もっつイライラ度:10%→15%

 

ここまではただの「閲覧」なので、これより本格的に手続にうつりましょう。画面を下におくり「各種願届・繰上」をクリック

f:id:motzmotzz:20180808155117j:plain

さあ、手続きをはじめるぞ~!

f:id:motzmotzz:20180808155206j:plain

こ…これか?ここでいいのか…??

そうです、ページ内を中ほどくらいまでスクロールして出てくる、この「【各種届・願出…は①→②へ】」とあるこの場所です。

すっげぇわかりにくい!!

この不安を募らせるページの不親切さ。しかもこのリンク、AM1:00~8:00は機能停止してます。ソシャゲのサーバーメンテじゃないんだから…笑

◎もっつイライラ度:15%→35%

ワンタイムパスワードでログイン

先ほどの画面から「①ワンタイムパスワードの取得画面へ」に進みます。

f:id:motzmotzz:20180808160213j:plain

あらかじめ登録している自分のメールアドレスが表示されます。「パスワード発行」を押すと、自分のメールアドレスにURLリンクが送られますので、ちゃんと受信できるように設定しておきましょう。

f:id:motzmotzz:20180808160400j:plain

送られたURLリンクを踏むと、またまたID・パスワードを求められます。しつこい。

そして「パスワード発行」を押すと、今度こそ10桁のワンタイムパスワードが送られてきます

…最初の1往復、必要か?笑

すごく無駄な作業をさせられた気がしてなりません(笑)

◎もっつイライラ度:35%→50%

 

そして、ようやくGETしたこのワンタイムパスワードをいったんコピーしまして、先ほどの画面にもどり「②各種届・願出・繰上返済申込の処理選択画面へ」へとうつります。

f:id:motzmotzz:20180808160911j:plain

こ…このご時世に「ぐにゃ文字」要求だと…!笑

そこは16分割の写真から車の写真を選択するんとちゃうんかい。大丈夫かよ、日本学生支援機構のサイト作成意識。

◎もっつイライラ度:50%→55%

 

…さて、ワンタイムパスワードとぐにゃ文字を入力したら、こんな画面にたどり着きます。

f:id:motzmotzz:20180808161253j:plain

ようやっと、申し込み画面にたどり着くことができました。

長い!分かりにくい!まどろっこしい!怒

そして、このめんどくさい流れを踏んで少々疲れた私もっつは、あることに気づいたのでした。

「まだ何も始まってないじゃないか」と…

◎もっつイライラ度:55%→80%

 

繰上返済を申し込もう

先ほど辿り着いた画面から「3.繰上返済申込」の先に進み、今度こそ本格的な手続きにうつっていきます。

ここからは、最初にスクショやPDFに残した「概要画面」が活躍します。そちらを手元に用意しときましょう。

なお、この画面をうっかり閉じないよう気を付けましょう。またイチからやる羽目になりかねませんからね…

 

f:id:motzmotzz:20180808173643j:plain

この画面では、奨学生番号に間違いはないか?と、氏名を求められます。早速、手元にある「概要画面」が活躍しますね。入力したらば次へ進みます。

f:id:motzmotzz:20180808163225j:plain

ここでは、プルダウンメニューで「全額返済」か「一部繰上」を選択します。

私の場合、3種類の奨学金のうち1種類のみ繰上返済しますので「一部繰上」を選択します。おそらく、1種類しか奨学金がない人が一括返済するような場合は「全部返済」を選ぶのでしょうかね。

 

f:id:motzmotzz:20180808163642j:plain

 「一部繰上」を選択すると、どの奨学金を繰上返済するのかを選択します。

この図で「×」とあるのは、実はこの手続きのすぐ前に、練習もかねて別の奨学金の手続を済ませたからです。「すでに繰上返済の手続済みだから、これ以上繰上返済するものがない」という意味で×が付いてます。

そして、繰上返済する額を「金額」か「回数」かで選択します。例えば"20万円分だけ返済したい"という人は金額を選ぶのでしょう。私の場合、残回数のほうが分かりよかったので「回数」を選び、次に進みます。

 

f:id:motzmotzz:20180808174408j:plain

すると、奨学金の選択と金額・回数の選択が再度確認を求めてきます。

くどい…さっき入れた情報でいいってば、もう…

◎もっつイライラ度:80%→85%

 

f:id:motzmotzz:20180808164622j:plain

すぐ下には「繰上返済する回数」を入力し、続いて「振替口座の確認」があります。

ここで、全額返済の場合は、ナゼか「残回数」ではなく「残回数マイナス1回」を入力します。手元の概要画面によると、私の返済残回数は147回。この画面では「146回」と入れます。おそらく、今月分の1回分は利子が確定しちゃってるから、その残り、ということでしょうか…

そういうとこ!そういうとこだよ!このサイトの腹立つところ!

◎もっつイライラ度:85%→95%

 

f:id:motzmotzz:20180808165201j:plain

進むと、このような「最終確認画面」にうつります。問題ないので、そのまま送信。

 

f:id:motzmotzz:20180808165315j:plain

この画面から分かることは、8/27に「1,071,409円」が、私のみずほ銀行の口座から引き落としされる、ということです。忘れずに入金しなくてはいけません。

そして、この「受付完了画面」もなにかと重要なので、スクショするかPDFにして手元に残しましょう。(いつでも再閲覧は可能ですが、控えておくと便利です)

…これにて手続き完了!

「もっつイライラ度」は100%にギリ達することなく、無事発狂せずに済みました(笑)

 

返済利子の免除額を計算

せっかくなので、今回の繰上返済でどれほど返済利子が免除されたか、計算してみましょう。

最初に手元に残した「概要画面」、そして最後に手元に残した「受付完了画面」の2つを用いて、試算してみました。

f:id:motzmotzz:20180808170334j:plain

まず「概要画面」から、毎月の返済額と残回数から「本来の返済総額」が算出できます(この場合、¥1,140,307)。

次に「受付完了画面」では「今回の振替額」が算出されています(この場合、¥1,071,409)。よく見ると「繰上分」の利息が0円になっているのが分かります。これが、今回の繰上返済によって返済利子分が免除されたことを如実に表していますね。

この二つの差をとると…

(本来の返済総額:¥1,140,307)-(今回の振替額:¥1,071,409)

¥68,898

つまり、差し引き約7万円をGETしたことになります!

厳密にはGETではないんですけど、繰り上げ返済すると、こういった明確なメリットがあるよ、ということが分かりますね。

 

おわりに

今回は「スカラネット・パーソナル」での奨学金繰り上げ返済手続きの様子をお伝えしました。あとは、銀行口座に必要額を入金し、無事に金額が引き落とされるのを確認して、そして完済の証書が送られるのを待つだけです。

かなり嫌味たっぷりに書いてしましましたが、インターネット時代の黎明期を彷彿とさせるようなク〇サイトっぷりに終始イライラしてしまいました…笑

奨学金の管理サイトなんて、人生で何回もログインするような代物ではないですから、いざ手続きする際は誰もが「これでいいんかな…?」と迷うと思います。そして、一回やったらしばらくまた時期が空いて、またやり方を忘れると思います。

私の体験記が、もし誰かの参考になれば幸いです。

本日も、お読みいただきありがとうございました!