もっつの効率的で妥当なブログ

お金もキャリアも人生観も…全部大事にしたい欲張りな30代男子。生活のあらゆるものを見つめ直し、QoL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上を促す、お役立ちライフハック・ブログを目指しています。

一括投資とドルコスト平均法、結局どっちが有利なの?もっつ的整理

こんにちは、もっつ(@motzmotzz)です。 

私のように、インデックス投資に取り組んでいる方にとっては、『一括投資とドルコスト平均法、どっちが有利なのか?』というテーマに、一度は触れたことがあると思います。 

今日はこの終わることのない議論について、私もっつなりの解釈について記述したいと思います。  

f:id:motzmotzz:20180526135347p:plain

 

 

それぞれの特徴

一括投資の特徴

これは難しいことはなく、とある時期にとある金額をまとめて支出して投資することを指します。 

一括投資は、経済の相場が右肩上がりの時に有利とされています。理由は簡単で、右肩上がりなのだから、割安な序盤の時期に一気に元金を仕込めば、より多くの利益が見込めるからです。 

ドルコスト平均法の特徴

ドルコスト平均法とは、名前だけはカッコイイですが、早い話が「定額投資」です。ドルコスト平均法は英語表記で「DCA(Dollar Cost Averaging)」、つまり支出する額面を平均化することを指しています。 

ドルコスト平均法は、経済の相場が上がったり下がったりする時に有利とされています。 理由は、出資額を固定しておくことで、相場が下がった時期にはたくさんの口数を仕込み、逆に相場が上がってるときには仕込む口数を抑える、という効果があるからです。 

運用的にはどちらが有利なのか? 

当然投資をするからには、なるべく運用実績が良い方法をとりたいものです。私もっつも勿論そう考えてなりません。 

一括投資とドルコスト平均法はどちらが運用的に有利なのか、様々な所でその優位性が研究されています。たとえば、こういったものがあります。 

ドルコスト平均法の有効性の分析

私もこの筋の専門家ではないので100%理解しているわけではありませんが、早い話が「結果はどっちもどっち」ということです。(←ザックリ過ぎるだろ、オイ…) 

結局のところ、一括投資もドルコスト平均法も「投資する時点」が最大の要素です。検証・分析をする期間が、リーマンショックの前なのか?後なのか?だけでも、どっちが有利かなどはコロリと結果が変わりますからね。 

ドルコスト平均法は100%カンペキな手法ではない? 

そんな中、われらが山崎元氏が、こんなコラムを残しています。 

media.rakuten-sec.net

その中で、私もっつ的に非常に心に響いたものを抜粋して紹介します。

重要なのは「金額×時間」

投資というのは、自分の資金を経済リスクに晒さないと、決してリターンは得られず、リスクとリターンはいつも表裏一体です。

銀行口座に100万円の資金を眠らせてるなら、サッサとその100万円を経済リスクという“雨風”に晒して、期待される長期リターンを得ましょうよ!という、山崎氏の隠れたメッセージに思えてなりません。

「気休め」フレーズとして使われがち

よくドルコスト平均法では

「下落時は安く多く買い、上昇時は買う量を抑える」

「だからリスクを軽減できる!」

という謳い文句を必ず耳にします。確かにとても分かりやすくて、一括投資するほど勇気のない人にとっては、背中を押してくれる有難いフレーズですよね。 

…しかし、当然ですが過去に買付した保有分は上がったり下がったりするわけで、別にリスクが軽減されているわけではありません。一括投資もドルコスト平均法も、出来事としては一緒です。 

前述のうたい文句は、毎月少額でしか投資できない一般の人を、投資の世界に引き込むための「気休め」的フレーズとして、ドルコスト平均法が使われる側面もあるのだそうです。

逆に機会損失手法にもなりうる

例えば手元に120万円の現金があるとして、「120万を今まとめて投資」と「毎月1万円×12ヶ月×10年間で投資」という2シーンがあったとします。

当然ですが、私たちは『その金融商品が右肩上がりしていくはず!』と見込んで投資するわけです。…しかし、右肩上がりを期待して投資するなら、冒頭の通り一括投資の方が有利です。

右肩上がりを期待してるにも関わらず月1万ドルコスト平均法で投資するのは、序盤の買付機会を逸してるだけでして、冒頭の話からスタンスが矛盾してますよね。

ドルコスト平均法は「毎月買付を行うから、機会の確実に捉えられる!」と思いがちですが、むしろ逆に機会損失することもありうる、ということをおっしゃっています。 

 

じゃあ、結局どう行動すればよいのか? 

リンク中の山崎氏のコラムでは、最後の方に真理っぽいお言葉がありました。 

その時点時点で、投資家が自分にとって最適だと思う金額を投資している状態がベスト 

 

つまり、現実を考えると、こういう流れで行動するとよいのかな?と思うのです。 

 

【方法①】 

月1回の給料日に、生活費等から“余分”と思われる金額を投資にまわす

【方法②】 

ボーナスや住宅ローン減税等まとまった資金が入った時は、同じく“余分”な金額をガツンと投資 

【方法③】

お金を整理して、なんとなく漫然と蓄えられてる“使途不明資金”が見えてきたら、即投資。

 

いうなれば①はドルコスト平均法」で、②や③は「一括投資」っぽく、両方の併用みたいな感じです。しかし、何がドルコストで何が一括か、とかそういう明確な分けは作らず、その時その時でお金が入ったら、四の五の言わず余裕資金をサッサと投資にまわす。ただそれだけのことです。実にシンプルですね。 

 

おわりに 

インデックス投資を始めると「ドルコスト平均法が最強!」と教科書的に学ぶ事がどうしても多いです。一方で「一括投資の方が運用上有利」など真逆の意見もあり、なんだか迷ってしまいますね。 某掲示板でも時折論争が繰り広げられます。

…しかし、山崎氏のコラムをしっかり読んでみて、まずは「ドルコスト平均法は唯一無二の最強手法ではない」ということで印象が変わります。

日本の月1回の給料をもらう就業スタイルでは、毎月定額を拠出して投資するスタイルの方がどうしてもマッチしやすいので、それが「ドルコスト平均法」として少しセールストーク的に流布した側面もあるのでしょう。 

もしかしたら、実は我々が考えている以上に、「ドルコスト平均法」か「一括投資」をしっかり区分けなんてする必要はないのかもしれませんね

いうなれば、ドルコスト平均法だって、「一括投資を毎期やってるだけ」と解釈すればそれまでですしね(笑)

 

…ただ、ドルコスト平均法には「強制的な積立によって、確実に投資が継続する」

という圧倒的な優位性があります。人間は完璧じゃありませんから、この行動学的にも素晴らしいメリットは上手に活用したいですね。

 

本日も、お読みいただいてありがとうございました!