もっつの効率的で妥当なブログ

お金もキャリアも人生観も…全部大事にしたい欲張りな30代男子。生活のあらゆるものを見つめ直し、QoL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上を促す、お役立ちライフハック・ブログを目指しています。

4月から新職場。仕事人として幅を広げるぞ!健康第一でね

こんにちは、もっつ(@motzmotzz)です。

3、4月は出会いと別れの季節ですね。かくいう私も、こないだ7年勤めた部署に別れを告げ、人事異動で全く違う仕事環境へ挑むことになりました。

今日は、わたし自身のこのなんとも言えない今の心境を雑記として書き綴ってみたいと思います。

f:id:motzmotzz:20180401181150p:plain

もっつの人事異動

私はH23年度に、土木を専門としたいわゆる“総合職”的な枠で入社をして、丸7年同じ部署で働いていました。ずっと同じデスクにいたわけではなく、こまごまと3部署ほど異動してました。最初の3年は設計部門。次の2年は工事現場の部門。そして直近の2年は事業計画部門…といった感じ。勤務地も変化してます。

私が勤める会社では「昇進したら異なるセクションに異動して経験を積め」という制度があります。私は2年前に昇進していて、今回はその適用による大規模な人事異動です。“総合職”的に採用されている人間の宿命ですね。

例えて言うなら…同じ「楽天」でも、楽天トラベルの部門から楽天銀行の部門へうつるようなもので、まったく異なる仕事に携わることになります。具体的な仕事内容は言えませんが、これまでの7年間の経験は関係なく、ほぼ知識ゼロで乗り込むようなもので、気持ち的には限りなく転職に近い人事異動です。

楽天の人事制度を知らずに語ってますので、楽天関係者の方いたらすみません(笑)

数年おきに環境の変化は必要

社会人の方なら共感できると思いますが、仕事の運び方やトラブル時の対処方法なんて正解パターンは存在しません。よって、仕事のやり口や引き出しは多ければ多いほど良いんじゃないかと思うのです。クレバーに効率的に仕事を回す時が良い時もあれば、シーンによっては泥臭くバカっぽく進める時が功を奏する時だってあります。

こまごまと人事異動したとはいえ、やっぱり7年間もほぼほぼ同じ属性の人と仕事していると、やはり自分の見識が狭くなっていく気がしてきます。仕事人たるもの、スキルの幅を広げたいくなってきます。ドラクエでいうところの、魔法使いもそろそろ飽きたので、バトルマスターみたいな肉弾戦用の技も覚えときたい、みたいな感覚です。

私は過去にこんな記事を書いてみました。

motzmotzz.hatenablog.

自身が身を置く環境が変化する時は、何より自分自身をその環境に馴染ませる作業が一番大変なのですが、環境の変化にうまくはまることができた時の「世界感がひろがる感」はハンパじゃないです。

仕事人として引き出しを増やすには、定期的に身を置く環境を変えるのが手っ取り早いと思うのです。

健康に勝る仕事は無し

このブログを書きながらも「明日から全く違う仕事かぁ~」と、妙なヤキモキ感を抱えているわけですが、私がこれまでいろんな地を転々として学んだことは

「わが身の健康に勝る仕事は無し」

ということです。世の中には社会的にも注目な事業やプロジェクトが確かにあります。携われたらそりゃもう誇らしいことでしょう。しかし、人の命や健康よりも価値が高いプロジェクトなんてこの世にありません!…と思ってます。もちろん仕事を覚えることも大事ですけど、まずは人間関係とか職場環境とか、自分が精神衛生的に仕事しやすい空間を構築することが優先ですね。

 

さて、そうはいいつつ新職場になってもブログを続けるようにしなくてはいけませんね…自分への戒めを込めて、今日のところはこちらで閉じさせていただきます。

お読みいただいてありがとうございました!